突き動かす表現 - RIP George Floyd

5月29日、アメリカ北部ミネソタ州ミネアポリスで悲痛な事件が起こった。

警官から首を膝で押さえつけられ、

ジョージ・フロイド(George Floyd)氏は助けを求めながら亡くなった。

これを受け複数都市で暴動が発生。

国を跨いで人種差別に対する考えを今一度改めさせる状況だ。

故人の尊厳の為にリンクを貼ることは差し控えるが、

その最期はなんとも残酷なものだった。

"Please, I can't breathe"

その訴えは一人の残酷な警官に届くことは無かった。

どのような理由があろうと許されることではない。

何がそうさせてしまったのか?

私たちには知る必要があり、変化をもたらす必要がある。

いくつかの表現が私にそのきっかけを与えてくれた。

1人でも2人でも、少しでも多くの日本人が

海外で起きた出来事としてタイムラインに葬り去ることなく、

何がしかの行動をとるきっかけになることを願う。

ベルギーで描かれたブロックバスター

拡大すると1UPcrewのSEYARのタグがうたれている。

普段はカラフルな配色でBOMBを行う彼らの喪に服したような

シンプルな表現に心を打たれた。

F*CK COPS

彼のルーフトップはいつも怒りに満ちている。

日本でのそれもそうだったが、ひとつひとつのラインは彼の存在を感じさせる。

I Just Want to Live

12歳のゴスペルシンガー、Keedron Bryantによるアカペラ。

トラックという「余白」にドクター・ドレー他、多くのアーティストが反応した。

---

I’m a young black man(私は若い黒人男性だ)

Doing all that I can(できることは全力でやっている)

To stand, oh but when I look around(立ち上がろうとしても、周りを見ると)

And I see what’s being done to my kind(私たちに起きていることを見ると)

Every day, I’m being hunted as prey(私たちはまるで獲物のようにいつも追われている)

My people don’t want no trouble(私たちはトラブルを起こしたいわけじゃない)

We’ve had enough struggle(私たちは十分苦労して来た)

I just want to live(私はただ生きたいだけなんだ)

God protect me(神様、どうかお守りください)

I just want to live(私はただ生きたいだけなんだ)

I just want to live(私たちはただ生きたいだけなんだ)

---

RIP George Floyd

---

LINKS

standaard NOW This keedronbryant drdre HIPHOP DNA