高架下の名所が消える?


東急.JPG

(Source:「タウンセキュリティ構想」プレスリリース別紙より)

3/31付の日本経済新聞にこんな記事があった。

「防犯カメラで侵入検知 東急電鉄、高架下に 落書きなど防ぐ」

ざっくり言うと、東急が高架下に設置した防犯カメラの運用を始めるというもの。

……!? 高架下!?

これまで駅構内などに監視カメラが設置されることは常だったが

ついにその範囲が広まったようだ。

不審な人物が侵入した場合、自動検知する機能が付いており、

画像は記録する他、ネットワーク経由でセンターに映像が届くというものだ。

2~3年程前からドライブレコーダーが急速に普及し始めた時も

幹線道路沿いのBOMBがどうなっていくのか気になったが、結果、大して影響はなかった。

しかし、今回は高架下ということで、”アレ”する時間も異なるはずだ。

多摩川の高架下は今後どうなっていくのか… 下北やアメ横に続くのか。

全国津々浦々の高架下の名所が消えてしまう日がくるのか。

ちなみにLUSHやBANKSYはこうした監視社会を揶揄する作品をストリートに残している。

LUSH.JPG

(Source:lushsux

Favim.com-9680.jpg

(Source:favim.com

タグ: